歯周病治療

歯周病治療について

歯周病は、初期段階では痛みなどの症状が乏しい病気なので発見が遅れがちです。気づいたときにはかなり進行していた……ということも少なくありません。歯周病治療で大事なことは、歯ブラシなどを用いたご自身での日々のお手入れと、歯科医院にて行う歯石取りやPMTCなどの歯のクリーニングです。歯石には歯周病の直接的な原因となる歯周病菌が棲みついており、それがすべて取り除かれて、初めて歯周病は治癒に向かいます。八尾市の歯医者「おおなか歯科クリニック」では丁寧なお口の清掃指導並びに、歯石取りやPMTCをすみずみまで行いますので、処置完了までしっかり通院してください。

口臭が気になる、ブラッシングで血が出る、歯ぐきがむず痒い……。このような症状が出ている方は、もしかすると歯周病かもしれませんので一度、ご相談ください。おおなか歯科クリニックでは、すべての方の歯肉炎、歯周病の状態を確認したうえで治療を行い、それぞれの方々に応じた治療内容を考察・計画しています。

歯周病治療について

そもそも歯周病とは?

歯周病とは、歯を支える歯ぐきや歯を支える骨が壊されてしまう病気です。一昔前まででは、「歯槽膿漏(シソウノウロウ)」とも呼ばれていました。歯を失う原因は虫歯だと思われがちですが、実は歯周病が日本人にとってもっとも多い原因なのです。

歯周病は初期段階ではほとんど異変に気づきにくいため、自覚症状を感じ始めたころにはかなり重度に進行しているということも多々あります。ただ早期に治療すれば日々のケアや簡単な治療で済ませることができる病気ですので、おおなか歯科クリニックでは定期検診をおすすめしています。

歯周病は、進行段階により大きく2つに分かれます。歯ぐきが腫れた状態の「歯肉炎(しにくえん)に始まり、歯ぐきだけでなく歯ぐきの内側、さらに深部に炎症が広がって、歯を支えている骨(歯槽骨)などが壊れてしまう「歯周炎(ししゅうえん)」に進行します。

歯周病が進行する過程

歯と歯ぐきの間には通常約1mmのすき間があり、ブラッシングをする際のみがき残しによってそこにプラーク(歯垢)が溜まります。そして溜まったプラーク(歯垢)が歯石に変わり、すき間を広げて「歯周ポケット」ができます。その部分に炎症が起き、歯周病が進行するのです。

【1】
歯肉炎
【1】歯肉炎 歯ぐきが赤く腫れ、硬いものをかじるときやブラッシングをしたときに出血することがあります。この時点では何の違和感もなく、痛みもほとんど感じられません。
【2】
歯周炎(軽度)
【2】歯周炎(軽度) 歯周ポケットの広がりが大きくなり、出血や腫れがよりひどくなって、時折口臭を感じる場合もあります。
【3】
歯周炎(中度)
【3】歯周炎(中度) 歯根膜、歯槽骨(しそうこつ:顎の骨)といわれるところが溶け始め、それに伴い歯周ポケットから膿が出ることがあります。口臭も以前より感じるようになり、歯を噛むとぐらつき感や浮いている感覚があります。
【4】
歯周炎(重度)
【4】歯周炎(重度) 歯根(歯の根っこ)を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出して鏡で見ても分かるぐらいに歯ぐきが下がった状態になっており、歯のぐらつきもさらに悪化して、硬いものが噛めなくなったり痛みを感じたりするようになります。

歯周病治療の進め方

虫歯と同様、歯周病になるもっとも大きな要因は「プラーク」です。歯周病にならないためには、できるだけ口の中の細菌を少ない状態で保つことが大切です。歯周ポケットにプラークが溜まりやすい方や、ブラッシングできれいにプラークが落とせてない方は、きちんとしたブラッシング方法を身につけていただく必要があります。

初期であれば、適切なブラッシングで症状が改善する場合もありますが、歯ブラシだけでは届きにくい箇所もあるため、歯周病を未然に防ぐためにも定期的にメインテナンスを受けていただくことをおすすめします。

おおなか歯科クリニックでは歯周病治療を、次の4つのステップに分けて行っています。

STEP 1スケーリング

STEP 1スケーリング

歯や歯の表面に付着したプラーク・歯石を、スケーラーを用いて除去する治療方法です。歯石はプラークが石灰化したもので、とても硬く歯ブラシでは取ることができません。

STEP 2ルートプレーニング

STEP 2ルートプレーニング

スケーリングで歯の表面をきれいにした後、歯周ポケットの中の歯根についたプラーク・歯石、歯周病菌に感染した歯質(歯をつくっている成分)などを除去する治療方法です。

STEP 3歯周外科治療

STEP 3歯周外科治療

スケーリング、ルートプレーニングを行っても症状が改善されない場合には、外科的な処置を行います。

STEP 4メインテナンス

STEP 4メインテナンス

歯のまわりのクリーニングや最終チェックを行います。期間は病状によって、1~4ヶ月に1度~半年毎に設定します。

正しい治療を受けることで歯を失うリスクが減少します。ご自宅でのケアとおおなか歯科クリニックでのケアを併用して継続し、健康できれいな歯を保ちましょう。