虫歯治療

虫歯治療とは

虫歯ができたら、まず患部を削り、失われてしまった部分を詰め物・被せ物などの人工物で補い、機能を回復させる。これが基本的な虫歯治療です。しかし、その後も再発を繰り返したり、さらに悪化してしまったりした場合には、その歯はもう抜歯を検討せざるを得ません。

八尾市の歯医者「おおなか歯科クリニック」では、「歯を抜く」という判断をする前に、できるかぎりその歯を残すための治療を行っています。歯は1本でも失うと、お口の中だけでなく全身にもさまざまなトラブルを招くからです。そこでおおなか歯科クリニックでは患者様とご相談を重ね、最後まであきらめずに治療に取り組みます。虫歯のお悩みはできるだけ早くご相談ください。

虫歯治療とは

虫歯になる原因

歯の表面は身体の中で一番硬い“エナメル質”でできています。でもそんなに硬い歯が虫歯になり、穴があく理由はなぜでしょうか? それは、次の4つの要因が時間の経過とともに重なることで「虫歯」になっていくからです。

原因1
食べ物・飲み物(糖分や炭水化物など)
原因2
歯の特徴
原因1食べ物・飲み物(糖分や炭水化物など) 原因2歯の特徴
飲食物の中でも、とくに食べ物には砂糖や炭水化物など、糖分に分解される成分が含まれています。砂糖は虫歯菌(ミュータンス菌)にとっては格好の獲物で虫歯菌が活動する上での原料となり、分解されて酸になります。 「もともとエナメル質などの歯質自体が弱い」もしくは「歯並びが悪くみがき残しが出やすい」などの歯の特徴が環境要因になり、虫歯になりやすくなると考えられます。
原因3
虫歯菌(ミュータンス菌)
原因4
生活要因
原因3虫歯菌(ミュータンス菌) 原因4生活要因
虫歯になるおもな原因は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌です。人のお口の中にはもともと存在していて完全に取り除くことはできません。多ければ多いほど虫歯にかかりやすい傾向があります。 歯をみがくことを怠たるとプラークが蓄積します。さらに「飲食の回数が多い」などによってプラークの中の虫歯菌が酸をつくる時間が長くなると、虫歯になりやすくなります。

人のお口の中にはさまざまな菌が棲みついており、その数は約300種類以上あるといわれています。その中の一部、数種類の菌が虫歯菌(ミュータンス菌)です。食べ物や飲み物の中に含まれる“糖分”を分解し、ネバネバとしたプラークがつくられて歯の表面にくっつきます。

プラークの中にはたくさんの細菌が棲んでおり、その中で虫歯菌が糖質を元に繁殖します。その時に発生する「酸」が歯の表面のエナメル質や象牙質(ぞうげしつ)を溶かし、その結果虫歯になっていくのです。

虫歯の進行度

虫歯は、進行具合によってC1~C4と分けられます。“C”とは「Caries:カリエス=虫歯」という意味です。虫歯は、すり傷などと違って放置しても自然治癒することはありません。軽度とされるC1の段階から治療が必要になります。

C1
(軽度)
C1(軽度) この状態ではほとんど痛みはなく、目視でも気づきません。定期検診などで見つけることができますので、ぜひ積極的に受診してください。この段階であれば、麻酔を使用せずに治療することができます。
C2
(中度)
C2(中度) 象牙質の層まで進行した状態です。冷たいものがしみるなどの症状が出始めることがあります。治療には痛みを伴うこともあり、麻酔を使う場合もあります。
C3
(重度)
C3(重度)

虫歯がさらに悪化して、歯の神経まで進行してしまった状態です。ここまでくると激しい痛みが出たり、噛む・飲むといった動作だけでも何らかの症状が現れたりします。

虫歯菌に冒された歯の神経を抜く「根管(こんかん)治療」が必要になります。

C4
(末期)
C4(末期)

治療をせず放置してしまった結果、歯の上部がほとんどなくなって歯根(歯の根っこ)のみが残った状態です。

歯の神経はすでに死んでしまい、痛みがある場合とない場合がありますが、根っこの状態によっては抜歯をしなくてはなりません。抜かずに残せる場合には、まず根管治療から行います。