小児歯科

小児歯科とは

子どもの歯や顎は日々成長し、変化しています。そこで八尾市の歯医者「おおなか歯科クリニック」の小児歯科では、初めに一人ひとりのお子様の成長段階に合わせた治療計画を立て、保護者の方に治療の流れをしっかりと説明させていただきます。

また治療を行うとき第一に考えているのは、お子様の気持ちにやさしく寄り添うこと。常にコミュニケーションをとりながら、歯を削る恐怖や痛みに少しずつ慣れていけるような段階をふんで、治療を進めていきます。

初めて歯科医院に来院されるお子様や、治療を怖がってしまうお子様も、安心しておおなか歯科クリニックにおまかせいただければと思います。お子様が生涯虫歯で困ることのないよう、小さなころからしっかりとケアを行う習慣を身につけてあげましょう。

小児歯科とは

年代別で見る注意点

2歳から3歳ころ

2歳から3歳ころ

次々と歯が生え、すべての乳歯が生えそろうころです。また食べるものの多様化が始まり、プラーク(歯垢)の沈着量が増えて虫歯になりやすくなる時期です。その結果、歯と歯の間の発見しづらい虫歯が発生しやすくなっていきます。

4歳から5歳ころ

4歳から5歳ころ

幼稚園への通園やお友達との交流など、生活環境の変化とともに食環境が変化する時期です。今まで食べさせていなかった、虫歯リスクの高い食事や間食を摂取し始めるようになります。保護者の方の目が届きにくくなり始めるため、注意が必要です。

6歳前後

6歳前後

子どもの歯列の奥に「6歳臼歯」が生えてきます。生えたばかりの「6歳臼歯」は生えたことに気づきにくく、ブラッシングも困難なためとても虫歯になりやすいのが特徴です。私たちも、もっとも気を遣う時期だといえます。

12歳前後

12歳前後

1番後ろに「12歳臼歯」が生えてきます。生えてきたことに気づかなかったり、上手にブラッシングできなかったりして虫歯になることが多い歯です。とくに年齢的にも保護者の方の仕上げみがきを受け入れにくいご年齢となるため、お子様自身での清掃の熟達を目指す時期だといえるでしょう。

中学生から高校生

中学生から高校生

生活習慣が大きく変わる時期です。勉強やクラブ活動などで忙しくなり、油断している間に虫歯ができてしまうことがあります。またこの時期の歯肉炎は、今後の歯周病に発展するリスクを高めてしまいます。

虫歯になってしまう理由

歯の生え始めから3歳くらいの間に、虫歯の原因菌であるミュータンス菌がまわりの大人から子どもへと感染します。悪い食習慣やブラッシング不良によってミュータンス菌を含むプラークが堆積し、さらに悪い食習慣が継続することで、ミュータンス菌の産生する酸が歯を溶かして、虫歯が発生するのです。

乳歯や生え始めの永久歯は、歯質が柔らかく虫歯になりやすい歯です。この時期を健康な状態で維持することを目指して虫歯予防と歯質の強化に取り組み、丈夫な永久歯の土台を築きましょう。

どうすれば虫歯を予防できる?

ブラッシングの方法にはそれぞれクセがあるので、みがき残しやすい場所はいつも決まっており、そこから虫歯になりやすい傾向にあります。クセを改善し毎日正しいブラッシングを続けられれば、虫歯のリスクを格段に減らすことができます。

おおなか歯科クリニックでは、小児歯科に力を入れており定期検診や正しいブラッシング方法をお伝えしています。

おおなかキッズクラブ

おおなか歯科クリニックでは、長期的にお子様の歯の健康をお守りするために「おおなかキッズクラブ」を立ち上げました。小さなころから正しいブラッシング習慣を身につけたり、定期的に専門的な歯のクリーニングを行ったりすることで、お子様に自然に予防習慣を身につけていただきたいと考えています。

おおなかキッズクラブ

おおなかキッズクラブの加入特典
【特典1】
ブラッシングの練習
歯ブラシやフロスが上手に使えているかチェックし、正しくブラッシングできるよう練習します。
【特典2】
歯のクリーニング
みがきにくい歯の溝や、歯と歯の間に残った汚れを、歯科衛生士によるクリーニングで落とします。
【特典3】
フッ素塗布
クリーニングの後、歯質を強くする効果を持つフッ素を歯に塗布します。
【特典4】
おおなかキッズクラブ専用ノートの
お渡し
お子様の歯の状態など連絡事項を記入してお渡しすることで、ご家族の方と一緒に管理できるようになり安心です。
【特典5】
定期的に歯医者に通う
習慣づくり
健康な歯を維持するには定期検診がとても大切です。お子様が歯医者嫌いにならないような工夫やアドバイスも行っていますので、ご安心ください。
おおなかキッズクラブの定期検診ではどんなことをしているの?~定期検診の流れ~
STEP1口腔内検査

お子様の歯や歯ぐき、歯並びの状態を診察します。

精密検査 歯や歯ぐきの治療
くわしく調べる必要がある場合、お口の状態をレントゲンで撮影します。 治療が必要な場合、虫歯や歯肉炎など悪いところを治したり、虫歯・歯肉炎の進行を止める治療を行ったりします。
STEP2予防処置

お子様のお口の状態に合わせて予防処置を行います。

  • ブラッシング後の、みがきの残しのチェック
  • ブラッシング方法の指導・練習
  • 仕上げみがきの指導・練習
  • シーラントによる予防処置・以前に処置したシーラントのチェック
    ※シーラント:歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ虫歯予防処置
  • PMTC(専門的な歯のクリーニング)
  • フッ素塗布による歯質の強化

» 当院の予防歯科についてくわしくはこちらへ

STEP3次回定期検診の予定日の設定
検査結果をご報告し、次回の検診予定日を決めます。