口腔ケアとコロナ

口腔ケアとコロナ

緊急事態宣言も解除に至りましたが新型コロナは依然と存在していますので引き続き感染予防と第二波、第三波の影響を最小限にしなければなりませんね。

さて、口腔ケアとコロナウイルスの相関です。

まず一般的にはお口の不衛生は虫歯や歯周病を引き起こすのはもちろん免疫力の低下につながるのは本当の話です。

お口の中に悪玉菌が増えると悪玉菌の作るタンパク質分解酵素の作用で粘膜から細菌やウイルスが侵入しやすくなると言われています。

またお口の不衛生は唾液の細菌も増やす結果につながり、その唾液を気管に吸引(誤嚥)すると肺炎につながることが予見されます。

お口を清潔にすることは病原菌の侵入を防ぐことが期待できるので新型コロナウイルスにも同様の効果が持てるのではと期待されてます。また、感染してしまった後に誤嚥による肺炎の併発によるウイルス性肺炎の重症化のリスクを低減出来ると考えられてます。

緊急事態宣言以降、お口のメンテナンスを控えてしまっている方も今一度ご来院を考慮されてはいかがでしょうか。悩まれた方は歯科医師にご相談ください。

 

 

カテゴリ